メインイメージ画像

パソコンでバイトに応募

コンピューターが普及する前は応募するときには、職務経歴書を送ることが一般的でした。しかし近頃では、パソコンで応募するという応募方法が当たり前に変わりつつあるようです。現実的に、書いて送るのに時間を費やすよりも、メールであればすぐに応募が完了する訳なので、応募する側も、ましてや、多くの応募データを選別する企業側も簡単なのかもしれません。そういうことでも、履歴書や職務経歴書手書きの文字から人間性などが見えてくるので、昔ながらの郵送という応募方法を固守する会社は多いのです。バイトを考えるときに、何を大事にするものだと思うのでしょう。

給料、もしくは、業務内容だと思いますか?それも確かに重要なのですが、覚えていなくてはならない点は、どこで働くのか、ということです。正社員でも長時間通勤はきついですが、さらに時給で働くのは、往復の通勤時間さえもったいないという風になると思います。不可能でなければ近距離で、短い時間で往復が可能な仕事先を選択することがおすすめです。また、最寄り駅からは可能ならばバスは避け、徒歩で行ける仕事場が良いかもしれません。

バイトをするときに特に若い人が苦労することが言葉遣いのはずです。以前は、目上の人やお客様に対する言葉と、身内や友人に対する話し方を普通に分けて話すことができたはずですが、今では年長の人にも知人のような言葉の使い方をする人が多くいるそうです。目上の人に対して、ちゃんとした言い回しが使えないと、その若者だけの問題ではなく、その程度の企業やお店という感情を持たれる可能性が高いでしょう。それで、業績や売上が低迷すると言っても過言ではないと思いませんか?

更新情報